BLSプロバイダーマニュアル 電子書籍 2020(日本語版)
20-2105

BLSプロバイダーマニュアル 電子書籍 2020(日本語版)

3,960(税込)

数量

BLSプロバイダーマニュアル 電子書籍 2020(日本語版)は、印刷されたBLSプロバイダーマニュアルの電子書籍版です。印刷されたマニュアルに代わるもので、記載内容は同じです。
BLSプロバイダーマニュアルには、BLSコースを修了するために必要なすべての情報が記載されています。このテキストは自己学習用に構成されていますので、BLSプロバイダーコース受講の前後にご自身で学習してください。
また、BLSプロバイダーマニュアルには、日本語版のBLSリファレンスカードが付属しています。

リファレンスカードには以下の内容が含まれています。
- 重要な概念
- 医療従事者向けの成人に対するBLSアルゴリズム
- 医療提供者向けのオピオイドによる緊急事態アルゴリズム
- 医療従事者向けの妊娠中BLS成人アルゴリズム
- 医療従事者向けの小児に対するBLSアルゴリズム:救助者1人
- 医療従事者向けの小児に対するBLSアルゴリズム:救助者2人以上
- BLSプロバイダーによる質の高いCPR要素のまとめ
- 異物による気道閉塞の解除

コースの説明:
BLSプロバイダーコースの目的は、参加者が質の高いCPRによって心停止中の犠牲者の命を救うためのトレーニングを行うことです。AHAは、医療従事者が個人的に、またはチームの一員として質の高いCPRを行う方法を教えることを目的にBLSプロバイダーコースをデザインしました。BLSのスキルは、どのような医療環境にも適用可能です。BLSの受講生は、成人、小児、乳幼児の救命技術を学びます。

学習目標:
BLSプロバイダーコースの学習成果は、
- 質の高いCPRの重要性と救命への影響について理解する
- 「救命の連鎖」のすべてのステップを理解し、連鎖におけるBLSの位置付けも理解する
- 心肺蘇生を必要とする人の兆候を認識する
- 大人、子供、乳児に対する質の高いCPRを行う
- 早期にAEDを使用することの重要性を理解し、使用できるようになる
- 感染防護具を使用して効果的な換気を行う
- 複数人で対応する蘇生へのチームの重要性を理解し、チームの一員として効果的な蘇生を行得るようになる
- 成人、小児、乳児に対する異物による気道閉塞(窒息)を緩和するための手技理解する
発売日: 2020年12月1日

パソコンはもちろん、タブレット、スマホもオンライン、オフラインどちらも対応しています。

電子書籍をオフラインで閲覧するまでの流れ:

 ①本サイトで電子書籍を購入(アクセスコード入手)
 ②AHA eBooksサイトにてアカウント作成
 ③AHA eBooksサイトにてアクセスコードの登録
 ④タブレットやスマートフォン、パソコンにアプリをインストール
 ⑤アプリにログインして閲覧

※土日祝日を除く24時間以内にアクセスコードがメール送信されます。
※販売価格は為替レートに対応して不定期に変更されます。


各アプリケーション、システムのQ&A、動作条件はこちら▶

印刷されたプロバイダーマニュアルの方が頭に入りやすい という声もあります。
紙に印刷されたBLSプロバイダーマニュアルはこちら ▶